サイトメニュー

うつ病の治療が必要です

病院

思春期などの若い人に多い

誰でも多少は容姿の悩みを持っていますが、身体醜形障害は標準的な体型なのに、太っていると悩んでダイエットを繰り返したり、一日に何度も鏡を見たり、メイクやヘアスタイリングに時間が掛かりすぎてしまうなどの症状が見られます。思春期の年代や、20代前半の人は、外見を気にする人が増えています。SNSなどで自撮り写真を投稿している人も多いため、身体醜形障害に罹りやすい傾向があります。身体醜形障害は放置をすると悪化してしまうので、病識がある場合は精神神経科の病院やクリニック、心療内科などを受診してうつチェックを受けて下さい。精神神経科の病院やクリニックでは、プライバシーは厳守してくれるので、恥ずかしさや抵抗を感じる必要はありません。自分に価値がないと感じるなどの自己否定が強かったり、うつ病などの疾患に罹っていたりする人は要注意です。精神神経科の病院では、問診やカウンセリングなどでうつチェックが受けられます。うつ病などの疾患に罹っている場合は、十分な休息や睡眠を心掛けたり、脳のセロトニンを増やす働きのあるSSRIなどの、抗うつ剤を服用したりすることが大事です。うつ病が回復してくると、身体醜形障害も改善することが多いです。身体醜形障害は自分を醜いと感じており、仕事や家事、育児などの日常生活に支障をきたす病気です。精神神経科の病院やクリニックでは、不安神経症やうつ病などの精神疾患に罹っている可能性があるため、うつチェックを行っています。意欲や気力が著しく減退していたり、自分に価値がないと感じたり、家にこもりがちなどの症状が見られる場合は、カウンセリングなどの精神療法や、内服薬、認知行動療法などの治療が必要です。身体醜形障害は認知の歪みなどが生じていることが多いため、過去のトラウマや友人のからかいなどが原因で、自分の体や顔が醜いと悩んでいる状態です。美容整形を受けたいと真剣に考えている人も多いですが、仕上がりに満足が出来ないケースがほとんどです。安易に美容整形を受けたりはせずに、こころの病気のひとつなので、なるべく家族に付き添ってもらい、病院やクリニックを受診することが大事です。早期に発見が出来ると、病気の回復を速めることも可能です。うつチェックを受けて病気が診断されたら、一時的に休学や休職を勧められることもあります。

Copyright© 2019 病気なのかチェック!【思春期に多いといわれている身体醜形障害】 All Rights Reserved.