サイトメニュー

異常なまでの固定観念

看護師

他人との評価が大きくずれて自分の容姿が醜いと信じ切っていて、生活に支障をきたしている場合は身体醜形障害が疑われます。チェックポイントは鏡が手放せないか、反対に鏡が見られないかです。抗うつ剤を服用し、心理的療法を行うことで治療が可能です。

詳しく見る

自己判断はつきにくい

悩む成人女性

身体醜形障害は自分では自覚できにくくチェックできにくいので、専門家に診てもらった方がいいでしょう。心療内科や精神科を受診することになります。通常、予約が必要です。この手の治療に長けているクリニックを選びましょう。

詳しく見る

心を治していきます

チェック

心の病は様々な種類が出てきていますが、身体醜形障害というのは身体的な部分を醜いと考えてしまう症状になります。専門のクリニックでチェックをして診てもらうには、費用相場でも4万円くらいはかかりますので準備をしておくことが必要です。

詳しく見る

思春期に多い心の病

聴診器

身体醜形障害の初期症状は自分の見た目について長時間考え込んでしまう、鏡を見たくなくなる等です。自分の顔の特定部位に対し、極端に容姿・美醜について悩んだり考えたりしていないか、気になる場合は症状をチェックしてみましょう。

詳しく見る

うつ病の治療が必要です

病院

身体醜形障害は標準的な体型なのに、太っていると感じてダイエットを繰り返したり、鏡を見る時間が異常に長くなる病気です。うつ病などの病気が隠れている可能性があるので、精神神経科の病院でうつチェックを受けることが大事です。

詳しく見る

思春期に多い神経症

医者

まずは相談

思春期に多いといわれている身体醜形障害とはいったいどのような病気なのかといいますと、自分自身の見た目をとても気にするようになり、鼻の低さや一重瞼など、些細な部分に対して異常なほどのコンプレックスを抱く精神的な病です。その異常さはただの悩みだけでは解決されず、産んだ親に八つ当たりすることもあれば、美容整形をして気になる部位をなくそうとしていきます。身体醜形障害は神経症の一種といわれており、ちゃんと心療内科などで診てもらうことで治療をすることができます。しかし、周囲からは「ただ悩んでいるだけ」「気にしているだけ」と感じられ、神経症にかかっているものだと考えられず、そのまま放置されることもあります。身体醜形障害は、放置しても悪化することはないこともありますが、何度も美容整形をして元の形がなくなってしまうほどの行為をされると家族は心配することもあります。そうならないようにするためには、病気にかかっているのかどうかチェックすることも大事です。チェックするにはどのような方法で行えば良いのかといいますと、病院ですることも可能です。しかし、なかなか病院に行くのに躊躇してしまう人もたくさんいます。その場合は、現代では学校にスクールカウンセラーという存在が備えられており、そこでチェックしてもらうことができるところもあります。身体醜形障害にかかると、周囲からなかなか理解されないこともあり、さらに悩みを抱えてしまう人は少なくありません。ただ悩んでいるだけ、気にしすぎといわれて突き放された感が強まり、さらに症状が悪くなることもあるため注意が必要です。ちょっとした悩みと感じていたはずが、あまりに気にしすぎて美容整形にまっしぐらとなってしまったり、そのことを気にしすぎるあまりにひどく当たる回数が増えてきたりする場合は、学校に相談するかスクールカウンセラーに話をするかを行うことが良い方法となります。もし本当に美容整形に走ってしまうと、1度だけに限らず、こっちもあっちもといろんな部位を気にするようになり、気にするたびに美容整形をしようと考えてしまいます。美容整形が悪いわけではありませんが、身体醜形障害を患っている場合は、まずチェックを行ってからしっかりと治すことが大切です。

Copyright© 2019 病気なのかチェック!【思春期に多いといわれている身体醜形障害】 All Rights Reserved.